美術館巡り。人工的に理想の楽園をつくった2人の画家の物語。 | maki yagawa

2020/11/10 11:11


今年もあと2ヶ月ですね。
今年はいつもと違うことが多かったけれど、
その分1日が大切に思えました。

残り2ヶ月、
年末にむけてのクリスマスアイテムなども
制作してますのでぜひ一緒に楽しんでくださいね!

新作
スカートふわふわうさぎのクリスマスオーナメントキット
もぜひご覧ください。

すでにお店に並んでいるクリスマスアイテムは
早くもお求めの方多数で、残り少ないものもあります。
いつもありがとうございます♡

クリスマスアイテムはこちら


終わるまでにこれは行きたい!
と思っていた展示が終わりそう!だったので
プチトリップで箱根まで行ってきました。

ポーラ美術館
モネとマティス もう1つの楽園

コンセプトが
「現実世界のなかに人工的に自分の「楽園」を創り出した2人の芸術家。」

このコンセプトだけでときめいちゃう。

自分にとって理想のものがないならつくればいい。
その力強さがめちゃくちゃかっこいいじゃないか。

わくわくしつつ箱根の山の中まで行ってきました。
(酔いそうになりつつ笑)



ひさびさのポーラ美術館
私この美術館が大好きで度々訪れているんだけど、
しばらく来てなくて2年ぶりぐらい。

周りに森の小道があってロケーションもよくて静かで最高なのです。




もともとモネも大好き。

モネの風景画は今そこに
風か吹いて、
木が揺れ、
光がさしているように思える。

モネの見たものがそこに記憶されていて
今同じものを共有しているような気分になるんです。

大好きだなぁ。

ジヴェルニーの邸宅の庭で植物を育て、
川をせきとめて池を造成し、橋をかけて、理想の庭を造りあげたモネ。

アパートやホテルのアトリエの一室を
自分の好みのテキスタイルや調度品を自在に組み合わせて飾り立てたマティス。

どちらも自分が見たい理想の風景を舞台装置のように作り上げて
その中で自分の絵を描いた。

なければ作ればいい。

自分の理想は自分だけのものだから
どこかに用意されているわけはないもんなぁ。


マティスが

”私が夢みることは人々にとっての精神安定剤である。
私が描くものは疲れた人にとっての肘掛け椅子のような芸術である。”

というようなことを言っていて
すごいかっこいい!って思っちゃった。

夢見ること、望みを叶えることは、
時にわがままを通すことでもあり、
自分の想いを優先させることの罪悪感を感じたりする。

でも
2人が自分の理想の楽園を夢見て作り上げたことが
こんなにたくさんの人に喜びを与えている。

私は小さい頃から

これが好き。
こういう洋服が素敵。
これとこれを組み合わせたら絶対いい。

っていうような自分なりの感覚が
息するように自然に自分の中にすごくある。

それが優れている優れていないとかではなく、
「自分にとっての」理想がある。

2人の画家に触発されて
もっと自分の理想を人工的に作り上げていこうと思った展示でした。

楽しかった。




ポーラ美術館のミュージアムショップで
モネのしおりとボウルをお土産に買いました。

しおりは切り離して使うんだろうけど、
つながってるの可愛いから、
しばらくつなげて使おう。

ボウルは全然展示と関係ないんだけど、
前の日に「このぐらいの素敵な器でお茶を飲みたい」って
思ってた理想が目の前にあらわれたので買っちゃった。

COSTA NOVAっていうポルトガルの食器です。
とても丈夫らしいので
これから末長くよろしくね。






ランチはルネ・ラリック美術館のレストランへ。

お庭を眺めながらランチ出来ました。
素敵な時間だったなぁ。



ミュージアムショップもレストランも
どちらも
「これが欲しいから買う」というより、
「ここで何か買いたいから買う」っていう感覚。

そしてとても気分がいい。

きっと
「ものを買ってる」というより
「いい気分を買っている」んだろうなって思う。

そうして買ったものは
自分をきっと幸せにしてくれる。

私のお店
ここでお買い物したら楽しい。気分がいいな。
そんな風に立ち寄ってもらえるお店にしたいな。

そのために自分の理想の楽園、
自分の夢のみるお店になるように
1つ1つ叶えていこうと思います。

一緒に楽しんでくれたら嬉しいな♡

-----------
紙雑貨のお店『figpolkadot
原画とイラストオーダーのお店『maki yagawa
-----------

ルネ・ラリックの展示も共感することが多くて
楽しかったんだけど、長くなるからまた機会に。


いつもありがとうございます。

☆☆☆☆
LINE公式アカウント配信中です。
https://line.me/R/ti/p/%40696ftuhk

メルマガ「やがわまきからのお手紙」ご購読はこちら
https://makiyagawa.me/2020/07/27/